「 八幡奈多宮の歴史 」一覧

奈多宮の全盛

奈多宮の全盛

奈多氏は宇佐姓である。  奈多には製鉄と海運で強制となった豪族が存在した。(奈多の亀山前方後円墳)比売大神を祖神としていた。 宇佐氏はこ...

記事を読む

天下無双の湊

天下無双の湊

 「神場洲といふハ、文禄年中迄ハ、今の洲崎より南の沖の方へ十町斗り洲有て、 並木の松原茂り栄え、其末に観音有て、・・・此洲の内ハ波風なく旅...

記事を読む

大津波によって奈多宮壊滅する。

大津波によって奈多宮壊滅する。

「慶長元年七月十二日当イワウ灘より津波起こり、海辺郡は沈没す、 奈多宮本社拝殿楼門鳥居残なく沈没す、・・・」  このように杵築藩士の是永...

記事を読む

奈多宮は宇佐宮の別荘

奈多宮は宇佐宮の別荘

 奈多宮の創建は、宇佐宮が小椋(おぐら)山に創建されてのち、初めて分霊を祀ったので、いわば宇佐宮の別宮である。八幡が前につくのは宇佐宮と奈多...

記事を読む

八幡奈多宮の創建

八幡奈多宮の創建

 原始的部落国家の時代、安岐の奈多社には氏神が祭られていた。比売(ひめ)大神は奈多社に国境の神として出現していた。つまり御祭神である比売大神...

記事を読む

隼人征討と宇佐・豊洋

隼人征討と宇佐・豊洋

 宇佐地方を中心として原始的部落国家が存在した。それぞれの小都市国家は氏神をもっていた。安心院の豊川社、来縄の小玉社(若八幡)等がそれであり...

記事を読む

大和政権の成立と豊洋の関係

大和政権の成立と豊洋の関係

「魏志倭人伝」によると南鮮の鉄を採りいれたと書いてある。倭にとって朝鮮はあこがれの地であった。文化の花咲く中国への道程であり、新しい利器であ...

記事を読む

県下最大級の古墳群がなぜ存在するのか?

県下最大級の古墳群がなぜ存在するのか?

 故郷豊洋(大分県杵築市)には多くの古墳が存在する。古墳は一般民衆のものではなく、豪族とか呼ばれる人のものである。後期のものは小規模...

記事を読む

八幡奈多宮の歴史と国指定重要文化財「三神像」

八幡奈多宮の歴史と国指定重要文化財「三神像」

八幡奈多宮は天平元(729)年に創立された。 全国に八幡宮は沢山存在するが、八幡が前につくのは宇佐と奈多のみである。 国指定重要文化...

記事を読む

<スポンサード リンク>