「 三神像 」一覧

八幡奈多宮(大分県杵築市 奈多海岸)
比売(ひめ)神

比売(ひめ)神

 比売(ひめ)神は八幡奈多宮の主神である。小さな小国家(部落国家)の時代、国前・阿岐の国(豊後風土記にはこのようにある)の女性の支配者とも言...

記事を読む

神が降りた島・市杵島(いきしま)

神が降りた島・市杵島(いきしま)

アマテラスとスサノウの娘に市杵島比売神(いちきしま ひめがみ)がいる。別名、「サヨリヒメ」という。「日本書紀」では「市杵嶋姫命」と標記してい...

記事を読む

応神天皇・神功皇后

応神天皇・神功皇后

三神像の主神は比売(ひめ)神である。比売神は安岐郷奈多社の神である。 比売神の脇侍に応神天皇と神功(じんぐう)皇后がいる。 神功(じんぐ...

記事を読む

八幡奈多宮の歴史と国指定重要文化財「三神像」

八幡奈多宮の歴史と国指定重要文化財「三神像」

八幡奈多宮は天平元(729)年に創立された。 全国に八幡宮は沢山存在するが、八幡が前につくのは宇佐と奈多のみである。 国指定重要文化...

記事を読む

<スポンサード リンク>