「 遺物 」一覧

八幡奈多宮(大分県杵築市 奈多海岸)
小若宮二

小若宮二

小若宮二、別名「②女神像」 平安時代後期~鎌倉時代(12~13世紀) 小若宮二 一躯 【調査日】2019年9月29日 【...

記事を読む

小若宮一

小若宮一

小若宮一、別名「①女神像」 平安時代後期~鎌倉時代(12~13世紀) 小若宮一1軀資料 小若宮一 1軀 【調査日】 20...

記事を読む

宇礼像

宇礼像

宇礼像。平安時代後期 菩薩形座像その二ともいう。

記事を読む

呉礼像

呉礼像

呉礼像。別名「菩薩形座像その二」という。 平安時代後期12世紀 呉礼像 1軀 【調査日】 2019年9月29日 【調査者...

記事を読む

若比古

若比古

若比古像。大分県指定文化財 平安時代後期12世紀 「若宮四神像」応神天皇の子。即ち後の仁徳天皇ら4人の子どもである。 若比...

記事を読む

若比売

若比売

若比売 奈多宮の若比売(わかひめ)です。 若比賣(わかひめ) 1軀 【調査日】 2019年9月29日 【調査者】 伊東史朗(和歌...

記事を読む

若比売(わかひめ)

若比売(わかひめ)

若比売(わかひめ) 平安時代後期(12世紀)のもの。 「神像彫刻重要資料集成」では「女神坐像」という。

記事を読む

銅造鳳凰文馨

銅造鳳凰文馨

明星院の銅造鳳凰文馨です。 鎌倉時代の作。お経に合わせて叩くものという。

記事を読む

薬師如来とは

薬師如来とは

人間は心の病気をおこすものである。 心を正しい方向に導くものが薬師如来という。 ちなみに、日光菩薩は昼の看護師さんで、月光菩薩は夜の看護...

記事を読む

明星院縁起

明星院縁起

八幡奈多宮神宮寺明星院においても鬼会がおこなわれていたという。 ところが小玉洋美著「大分県の民族宗教」(修学社)によると、明星院縁起は原本...

記事を読む

<スポンサード リンク>