「大分遺産」大分合同新聞

「大分遺産」大分合同新聞

奈多海岸の松 日本の白砂青松100選 格式高い八幡宮  昇る太陽が別府湾にきらめき、波は光を乗せて遠浅の浜辺に打ち寄せ、風が松林を吹き抜...

記事を読む

「みんなで地元の海岸を守ろう」

「みんなで地元の海岸を守ろう」

 奈多狩宿の海岸は、日本の白砂青松100選にも選ばれ、松林は2㎞、白砂は5㎞にわたる大分県下一の白砂青松の海岸です。しかし、マツ材線虫病の被...

記事を読む

神様が亀様をつれてきた。

神様が亀様をつれてきた。

八幡奈多宮の正面に海亀が来て卵を産んでくれました。 なんと60年ぶりのようです。 133個卵がありました。アカ海亀だそうです。 ...

記事を読む

大和政権の成立と大古墳

大和政権の成立と大古墳

 巨大な古墳が三基もこの豊洋にある。相当強大な有力者(豪族)がいたということです。その理由の一つは砂鉄である。もうひとつは海上交易を握ってい...

記事を読む

継体天皇・神功皇后

継体天皇・神功皇后

三神像の主神は比売(ひめ)神である。比売神は安岐郷奈多社の神である。 比売神の脇侍に継体天皇と神功(じんぐう)皇后がいる。 神功(じんぐ...

記事を読む

埴輪

埴輪

小熊山古墳、御塔山古墳より出土した埴輪。 小熊山古墳から出土した円筒埴輪は九州最古の円筒埴輪である。口が曲がっているのが特徴である。最古級...

記事を読む

御塔山(おとうやま)古墳

御塔山(おとうやま)古墳

応神王朝は古墳時代中期である。応神天皇の古墳は現在の大阪の羽曳野市に存在する。仁徳天皇(?)は堺市に存在する。つまり応神王朝の豪族は難波に存...

記事を読む

小熊山古墳

小熊山古墳

小熊山古墳は豊後最大の前方後円墳で、大きさは116.5mです。3世紀後半~4世紀初頭に築造された。 日本の国の始まりは「帝紀」:(帝王の系...

記事を読む

奈多狩宿海岸の松林を守る会設立総会

奈多狩宿海岸の松林を守る会設立総会

目的、奈多狩宿海岸の白砂青松の景観が、広く市民、県民を始め多くの人々の心の拠り所として愛され継承されていくよう、海岸の松林を再生し保全するこ...

記事を読む

奈多宮の総会

奈多宮の総会

八幡奈多宮の総会がありました。 役員の中で6名が同級生です。地域の世話をする年齢になったのですかね。 由緒ある奈多宮を一層充...

記事を読む

<スポンサード リンク>