「 奈多氏 」一覧

八幡奈多宮(大分県杵築市 奈多海岸)
奈多城

奈多城

大友宗麟はなぜ奈多氏より正妻を迎えたのか? 奈多鑑基(あきもと)は八幡奈多宮の大宮司であったが、戦国武将として大友軍の前線で戦った。 ...

記事を読む

奈多夫人・宗麟の正妻

奈多夫人・宗麟の正妻

 八幡奈多宮の大宮司・奈多鑑基(あきもと)の娘として誕生。大友宗麟の正室は正室・一色義清の娘がいたが、1550年、二階崩れの変の後離縁した。...

記事を読む

田原紹忍(じょうにん)の末期

田原紹忍(じょうにん)の末期

 文禄2(1593)年に大友氏が改易された後は紹忍も所領を没収された。その後、豊後岡城主中川秀成に与力として仕えた。  中川秀成(ひでなり...

記事を読む

大友氏を最後まで支えた田原紹忍

大友氏を最後まで支えた田原紹忍

 奈多鑑基の次男・田原親賢(ちかたか)[紹忍(じょうにん)]。 嫡男の田原新七郎は宗麟に仕えていたが、大友館に人質となっていた麻生七郎を虐...

記事を読む

田原親賢(ちかたか)[紹忍(じょうにん)]

田原親賢(ちかたか)[紹忍(じょうにん)]

 田原親賢(たはらちかたか)、出家後、田原紹忍(じょうにん)。 奈多鑑基(あきもと)の次男で、兄弟に兄・奈多政基(まさもと)、妹は奈多夫人...

記事を読む

奈多鎮基(しげもと)

奈多鎮基(しげもと)

 大友宗麟は女(娘)を、奥方の甥の鎮基(しげもと)の室に入れた。そして大友氏と奈多氏は一家同様になった。鎮基は鑑基の孫として生まれ、叔父に当...

記事を読む

戦国武将奈多鑑基

戦国武将奈多鑑基

 奈多鑑基は、大友氏の武将としてたびたび合戦に出陣した。永禄4(1561)年、大友宗麟の中津・小倉方面の戦いに、鑑基は神兵を率いて出陣した。...

記事を読む

奈多鑑基(あきもと)

奈多鑑基(あきもと)

奈多氏は豊後国安岐郷の八幡奈多宮の大宮司家である。大永2(1522)年、大友家臣田北親員(ちかかず)の子で、田北鑑生(あきなり)の妹を、鑑基...

記事を読む

奈多宗心

奈多宗心

奈多氏の基礎を築いたのは宗心である。 「河内入道宗心については大聖院宗心なり」という説もある。 「大分県史料」五巻「永仏文書」に「奈多宗...

記事を読む

奈多氏と大友氏

奈多氏と大友氏

なぜ大友氏は奈多氏と手をくんだのか? 大友義鎮(よししげ)[宗麟]は奈多鑑基(あきもと)の娘を正室にした。 奈多鎮基(しげもと)は宗麟の...

記事を読む

<スポンサード リンク>