豊臣氏の名

八幡奈多宮の正面の鳥居に「豊臣氏」という文字があります。
「長岡(松井)佐渡守豊臣氏興長」と書いています。寛永19年(1642)
徳川は秀吉の遺児を殺して豊臣氏を滅ぼした。しかも大阪城の堀まで埋めました。
すべてを抹殺したにもかかわらず、奈多宮の正面に堂々と豊臣氏の文字を書いているのです。
しかも、大友氏の後に小藩に分立し、それらを監視するものとして杵築に松平氏を派遣したのであった。
なぜ「豊臣氏」という名を容認したのか。長岡興長は何を考えていたのか。八幡奈多宮がそれだけ権威がつよかったのか。

<スポンサードリンク>

<スポンサード リンク>