比売(ひめ)神

 比売(ひめ)神は八幡奈多宮の主神である。小さな小国家(部落国家)の時代、国前・阿岐の国(豊後風土記にはこのようにある)の女性の支配者とも言われる。その頃は巫術者が頂点にいた。つまりシャーマンであった。「大古墳の存在からしてすごい勢力をもっていた」と認められた。

<スポンサードリンク>

<スポンサード リンク>